2017年12月27日水曜日

第10回記念全日本ユース(U15)水球競技選手権大会 -桃太郎カップ-

東京都選抜として初めて出場した桃太郎カップ
予選リーグを突破し、決勝トーナメントでは同じ関東の千葉に準決勝で敗れ、3位決定戦に回りました。
3位決定戦の相手は西の雄、京都府選抜。
前半は自分たちのDFがしっかり機能し、相手の得点をある程度封じることができましたが、後半は8分×4ピリオドのダメージが如実に現れ、動きが止まったところで失点がかさみました。
まだまだ全国のトップで勝ちきるにはもう一踏ん張りできないといけないことを痛感する試合でもありました。
これで今大会は4位で終えることになります。
個人賞としてはベスト7にゴールキーパーのバイロン亜朱里が選出されました。
また、得点ランキングには2位に中村真海が入り、ゴールキーパーのセーブ率ではバイロンも2位に入ることができました。
初めて組まれた東京都選抜として本大会に臨み多くの体験、経験を指導者、選手ともに培うことができました。
悔しい思いが多く残る大会ではありましたが、現状の力をしっかりと受け止め、次への糧としたいと思います。
そして、桃太郎カップを一つの試金石として、これから全日本ジュニア、そして本番となる夏のJOへ向けてチーム力を上げていきたいと思います!
ご声援いただいた多くの皆様、派遣いただいた東京都水泳協会、そして大会を運営していただいた大会役員の皆さまに心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

◯第10回記念全日本ユース(U15)水球競技選手権大会 -桃太郎カップ-
〔予選リーグ〕
三重WPスターズ 4 [2,0,1,1]
東京都選抜 15 [4,2,4,5]
鳥取県選抜 2 [2,0,0,0]
東京都選抜 26 [8,8,6,4]
石川県選抜 12 [3,4,2,3]
東京都選抜 5 [2,2,0,1]

〔決勝トーナメント〕
兵庫県選抜 7 [0,2,2,3]
東京都選抜 14 [6,3,1,5]
東京都選抜 6 [1,1,3,1]
千葉県選抜 9 [3,2,2,2]
東京都選抜 9 [2,2,3,2]
京都府選抜 15 [0,3,6,6]

最終結果: 4位










2017年11月4日土曜日

全日本ユース(U15)水球競技選手権大会関東予選会

今年度から東京都の女子水球の強化も本格的に始まり、年末に毎年岡山県で開催される桃太郎カップにも、「東京都選抜」として出場することとなりました。
東京都選抜は、我々藤村女子の選手を中心に、中央大学附属高校、吉祥女子中学高校、成城学園高校の選手が集まったという構成で組まれています。
桃太郎カップはU15の大会であり、高1以下が対象となる大会のため、藤村単独では毎年選手が集まったり集まらなかったりで苦労していましたが、東京都選抜となったことにより他校との連合で出場することが叶います。
本選出場には関東の強豪県と渡り合って行かなければならないですが、新たな仲間とともこれから全国の舞台で活躍できるよう切磋琢磨していきたいと思います。
〇全日本ユース(U15)水球競技選手権大会関東予選会
埼玉県 〔0,1,0,1〕 2
東京都 〔2,3,4,3〕 11
東京都 〔10,3〕 13
山梨県 〔 1,2〕 3
東京都 〔5,3,3,1〕 12
群馬県 〔0,3,0,0〕 3
関東予選突破




2017年10月11日水曜日

武蔵野市 体育の日イベント 「Sports for All 水球」

体育の日に武蔵野市で開催された水球イベントへ、藤村女子中学・高等学校水球部もお手伝いとして参加してきました!
今回はオリンピアンも含め、数多くの日本代表プレーヤーが集まり、参加した子供たちも水球を心から楽しんでいました!
このようなイベントを通じて、もっともっと水球の仲間を増やしていきたいなと思います!
そして、藤村の中高生も、改めてトッププレーヤーが持つアスリートの力を感じられたのではと思います。
そのような選手になれるようがんばってもらいたいと思います!


2017年10月8日日曜日

第93回日本選手権水泳競技大会 水球競技


本年度の日本選手権大会が、10月6日から8日にかけて開催されました。
一昨年に引き続きOGと高校生の混成チームで臨んだ本大会。
普段なかなか練習時間が確保できないOGの皆さんと、まだまだ技術や体力面で劣る高校生という構成であったため、厳しい大会になると予想はしていましたが、昨年度に引き続き準優勝で終えることができました。
今大会で随所に見られたOGの皆さんのここという所を締められるプレーや判断の数々は、永田先生の指導で培われた伝統をひしひしと感じるものでありました。
日本の女子水球界に藤村水球在り、ということを今年も見せてくれたように思います。
この存在感と伝統をこれからも確実に引き継いでいけるように、中高生もさらに頑張っていかないといけない、正にそう思えた大会であったと思います。
本大会をもって、今年度の主要な大会は一段落となります。
ここからは新チームとして新たなスタートを切っていきます。
また次のそれぞれの大会に向け、一致団結して臨んでいけるようこれからもがんばっていきたいと思います。
本大会において各所からご声援いただきました皆様に改めて心から御礼申し上げます。
大きな声援は、やはり今回も選手の大きな後押しとなり、ご声援いただいたみなさんも含めて藤村というチームであることを改めて感じながら試合に臨めました。
本当にありがとうございました。
そして、決勝まで身体に鞭打ちながらがんばってくれたOGの皆さん、お疲れさまでした!
みなさんの姿は確実に下の世代の子たちの脳裏に焼きついています!
それを更に具現化できるよう、これからもがんばっていきたいと思います。

〇第93回日本選手権水泳競技大会 水球競技
【一回戦】
藤村 〔2,1,3,2〕8
稲泳会〔1,3,1,2〕7
【準決勝】
藤村     〔1,1,3,2〕7
秀明水球クラブ〔0,1,2,3〕6
【決勝】
秀明大学〔4,5,6,4〕19
藤村  〔0,2,1,2〕5

最終結果: 準優勝



2017年9月18日月曜日

平成29年度 東京都高等学校新人水球大会

今年度の新人戦が開催されました。
新チームになり、まだまだ新たなメンバーでの連携や個人能力が足りていないことが浮き彫りになった大会でありました。
この大会での課題をスタートラインとして、これからチーム全体で諸々上げていきたいと思います。
応援にお越しいただいた保護者の皆様、高3の先輩、ありがとうございました!
◯東京都高等学校新人水球大会
藤村   [2,0,4,3] 9
中大附属 [1,1,0,1] 3
藤村   [1,6,2,4] 13
吉祥女子 [1,1,1,2] 5
最終結果: 優勝


2017年9月10日日曜日

東京都水球女子強化練習会、強化選手選考会

東京都女子の強化練習会、並びに強化選手、全日本ユース選手権大会(U15)の一次選考会を中大附属高校で実施されました。
東京都の中高の選手がほぼ集まり、全員で基礎練習からゲーム形式練習まで実施し、24日に行われる二次選考会・強化練習会の選手が選抜されます。
今年度から東京都の強化体制も変わり、全日本ユース選手権大会は東京都選抜での出場となりました。
これまでは藤村単独で東京都予選、関東予選突破を目指していましたが、これからは東京都が一体となって目指していきます。
東京都選抜においても、藤村のチームスローガンである「一致団結」の力を浸透させ、一つでも上をめざしていきたいと思います!






2017年8月29日火曜日

平成29年度 東京都高等学校選手権大会

今年度の東京都高校選手権が開催されました。
毎年高3の引退試合として位置付けられている本大会。
藤村の高3も、まだ日本選手権がありますので練習を続ける者もいますが、この大会が一つの区切りとなります。
今年のチームはそれぞれが強い個性を持っていて、それぞれに強い思いがあり、それがなかなかうまく交差しない状況が続いていましたが、最後には高3が責任持ってチームをまとめてくれました。
先日まで開催されたJOで、昨年に続き決勝まで駒を進められたのは紛れもなく高3の力のお陰だと思います。
これから大学にそれぞれ進んで行くことになり、それぞれの人生を進んで行くことになります。
このチームでの経験が、人生の一つの糧になってくれたら心から嬉しく思いますし、大きく羽ばたいてくれることを願ってます!
お疲れさまでした。






2017年8月26日土曜日

第40回全国JOCジュニアオリンピックカップ 決勝戦

2年連続同じ顔合わせとなった夏JOの決勝。
やはり秀明英光高校は強かった、それに尽きました。
相手のミスも多くあった中で、こちらのペースに持ち込めなかったのは、個々のレベルの差が如実にあらわれた結果だと思います。
ただ、藤村もチーム全員でお互いに支え合いながら、最後まで藤村らしく元気よく立ち向かって、試合に臨めたと思います。
フラッグに書かれた『一致団結』の文字は、正に藤村のスローガンとなり、チームを作ってくれました。
今大会が夏JO最後となる高校3年生。
このチームになりなかなか思うようにならないことも多かった中、チームとは何かをよく考えて、最後は良い方向にまとめてくれたと思います。
ほんとうにお疲れさまでした。
そして、各所でご声援、応援いただいた皆さまには、この場を借りて心より御礼申し上げます。
やはり、最後の一押しが僅差の試合では大きな力となります。
今回の結果に辿り着いたのも、皆さんの応援の力が随所で後押ししてくれたと実感しています。
これからも応援されるようなチームになるべくがんばっていきたいと思います。
ありがとうございました!
◯第40回全国ジュニアオリンピックカップ
【決勝】
秀明英光高校〔3,4,4,1〕12
藤村    〔0,2,1,2〕5
最終結果: 準優勝







2017年8月25日金曜日

第40回全国JOCジュニアオリンピックカップ 決勝トーナメント

本日はJO決勝トーナメント。
準々決勝、準決勝と勝利し、2年連続決勝へと駒を進めることができました!
準決勝では、京都踏水会と同点でペナルティーショット対決までもつれましたが、なんとか勝ちきることができました!
決勝は、高校最強の秀明英光高校と。
最後まで一致団結し、全力で臨み、有終の美を飾れるようがんばりたいと思います!
◯第40回全国ジュニアオリンピックカップ
【準々決勝】
藤村   〔1,3,2,2〕8
芝浦工大柏〔0,0,3,0〕3
【準決勝】
藤村   〔0,3,2,1 PS 4〕10
京都踏水会〔1,2,3,0 PS 3〕9




2017年8月23日水曜日

第40回全国JOCジュニアオリンピックカップ 予選ブロック

全国JOCジュニアオリンピックが開幕し、E区分は予選ブロックが始まりました。
今年度から始まった予選ブロックは、これまでのドロップアウト式のトーナメントではなく、敗者復活戦も加わり最終的にベスト8を決める仕組み。
藤村としては、まずこのブロックを一位抜けすることが前半の目標でした。
結果は二試合とも苦戦はするものの、勝ちきることができ、一位突破となりました。
連日会場での保護者の皆さんの応援や、毎年恒例となってきた奈良名産蚊帳布巾の白雪布巾差し入れ、そして本日は昨年の高3もはるばる大阪まで応援に来てくれ、色んな方々の支えを改めてチーム全員で感じています。
明日は中休みとなり、明後日からベスト4以上をかけた試合が始まります。
一つずつ勝ち上がれるようチーム一致団結して臨んでいきたいと思います!
◯第40回全国ジュニアオリンピックカップ
【予選ブロック Y組】
三重〔2,1,3,0〕6
藤村〔1,3,3,2〕9
ブルボン〔1,0,0,2〕3
藤村  〔1,2,0,1〕4




2017年8月22日火曜日

夏合宿、インターハイエキシビジョン、そして夏JOへ

静岡の日本選手権最終予選を終え、JOに向かっての総仕上げ。
山形で合宿組ませていただき、その流れで宮城県でのインターハイエキシビションマッチに出場、最後は東京女子体育大学のお姉さん方と最後の調整をして、大阪に乗り込みます。
山形での合宿では山形の皆様に大変お世話になり、様々な名コーチの皆さんからは大きな刺激をいただけ、インターハイエキシビションマッチでは貴重な公式戦の場での経験を積むことができました。
そして、いつもお世話になっている東京女子体育大学のお姉さん方には、最後の最後までアドバイスもいただけました。
改めて、いろんな方々の支えでようやくこのチームがここまで来れたのだと思います。
後はその成果を大会で発揮してもらいたいと思います!